病気

外科通院

ブログを書くの久しぶりすぎて、またログインのパスワードなど忘れてました

9月10日午前は通院日なのに『午後は歯医者さん!』ってことばかり考えてて、昼ごはんを食べながら通院日って思い出し…。
急いで電話をしたら予約変更などは3時からだと言われ、3時になるのを待っていたら看護師さんから来ませんでしたが…と電話がかかってきてしまい
20日に変更してもらっちゃいました。
そしたら数日したら腸液の出方が変
いつもはトイレにいったら出るのに出ず、しかたがないのでパットをしてました
吻合部が狭くなって出にくくなってるのか?
狭くならないように毎回先生に指で拡張処置をしてもらってるのに
20日の診察日が待ち遠しかったです
でも、拡張処置をしてもらっても良くならず
なんで出ない???
おしりもピリピリするし
もうこれからずっとこうなの?って思ってたら昨日(28日)ぐらいから、ちょっとトイレで出せるようになってきたし昨夜は夜中の漏れもありませんでした。
ホッ
以前の様に、腸液がちょっとずつお腹の中に残り発酵して回腸嚢炎で入院!って
なったりしないで〜!ってヒヤヒヤしてました

| | コメント (0)

8月13日、通院

昨日は外科通院日でした。
採血もあったのですが…
同じ病院に通院している友達が採血で、ちょっと下手っぴな看護師さんにあたり痛い思いをした話をちょっと前に聞いてて、そしたら採血をしてもらう看護師さんがその人になってしまい
特に問題なく採血は終わったんですが、なんかいつも以上に緊張しました

相変わらず先生の指でのブジー処置は痛いです
どうしても吻合部が狭くなってしまいます
いつも5週間ごとの通院ですが、9月は2週続けて月曜日がお休みなので、その次の月曜日だと、さらに狭くなっちゃうかなぁ〜って思ってたら先生も同じ考えで「4週間後がいいよね〜」ってことで次回は9月10日です

約1ヶ月おきのブジーは痛いけど、これをしないとまた回腸嚢炎になって入院!ってなっちゃうといけないので。
今年の目標は入院しない!って先生に言ったら、だね〜!って笑ってました

| | コメント (1)

外科&ストマ外来

今日は外科通院日でした。
前回のストマ外来の時に、次回外科受診時にストマ脇からピロっとでてる糸みたいなものを先生に取ってもらおう!ということになり、採血の後、ストマ外来の看護師さんも来てくれ診察室隣の処置室でパウチを外しました。
いいタイミングで先生が来てくれ、すぐに取ってもらいましたが痛かった〜
ストマを縫い付けた糸を抜糸するときと同じような痛さでした
これでストマ脇のぷくっと膨れてるのがなくなるかも?
様子見です。

お尻の狭くなる部分は、やっぱり今回も狭くなってって指を突っ込まれました〜。
こちらも痛かった〜
でも、前回よりは痛さがマシだったので、受診の間隔を1ヶ月半にしてみます。
2ヶ月にするともっと狭くなってて、もっと痛い思いをしないといけないと思うから

| | コメント (0)

ストマ外来

昨日はストマ外来に行ってきました
う〜ん、なんだかなぁ〜ってことが多々…
ストマ(26ミリぐらい)とサンプル(22〜33)のサイズがあってないようでモルダブルの機能が使われていないって話をしたら、
緩和ケアの看護師長でもあるM看護師さんが
『ストマは個体差があるからすべての人がちゃんと合うわけじゃないからね!』って言われた…。
私としては、もうワンサイズ小さいのが適切なのではないかと思っていたが、そんな返事が来た。
『モルダブルの機能が使えたとしても、絶対じゃないからね!』
とも。
おいおい、そんなことは分かってるよ!でも、ちょっとでも皮膚にいいことを模索してるのに、そんなこと言わんでも…。
で、ストマサイズ測ってみたほうがいいかなって言ってたのに、結局サイズ測らずパウチ貼っちゃたし…。
家で自分で測ったけど、看護師さんにちゃんと測ってもらいたかった…。

他にも、皮膚保護剤の話でもちょっと納得いかないことあったし、パウチのお腹に貼る部分のシールについては2点納得いかないことあったし
自分でコンバテックに電話していろいろ聞いてみました。
ワンサイズ小さいサンプルを送ってくれる事になりました。
シール部分のことも聞いたら、看護師さんの言ってたのと違うこと言ってたし。
やっぱりなぁ〜って感じでした。
ちょっとM看護師さんに不信感…
いろいろ相談にのってくれたり頼りになる部分もあるけど
いろんな人のブログでストマ関係商品の使用感をチャックしまくっています。
看護師さんは知識はあるかもしれないけど、実際に使ってるわけじゃないもんね〜。
一緒にストマ外来やってるH看護師さんにグチろうか…。
師匠のグチ言われても困るかな

| | コメント (2)

狭窄

外科受診時にお尻の狭窄チェック
今回はかなり狭くなっちゃってって、指を入れられたらかなり痛かった〜
しかも結構長い時間やられました
うんうんウナってたので、同席していたストマ外来の看護師さんが背中をさすってくれてました
バルーンで拡張処置されることを思えば、まだましだと思ってガマンしなきゃね〜
ぐりぐり狭窄をひろげたので、肛門からの出血が今朝までありました。

| | コメント (2)

外科受診日

外科受診日でした。
ストマ脇のプックリふくれている部分のことを相談するため、ストマ外来の看護師さんも時間を合わせて来てくれることになっていました。
採血して受診待ち〜。
診察で先日スマホで撮った、プックリがちょっと白くなった写真をみてもらいました。
焼く処理をしようか〜ってなりましたが、私はてっきりなにか機械で焼くのかと思ったら、硝酸銀という薬を使って焼くそうです。
焼く前に、違うパウチにしてみることになりました。
そのパウチでプックリが治る人もいるみたいなので、まずはそちらを試してみて、ダメだったら硝酸銀をします。
サンプルを2枚頂いたので、それで様子を見てちょっとでも効果があったら買い足そうと思います。

| | コメント (1)

神戸…。

昨日はちょっと友達の発表会で朝早くから車で神戸へ
家をでる前からパウチの透明部分から見える面板部分がなんかちょっと…
もうすぐ漏れるかもって感じで
多分ぷっくり膨れてる部分からの出血のせいです。
いつもは交換用具を持ち歩いていないけど、心配だったので持っていくことに。
タイミングが悪いと、また交換を失敗してパウチをダメにしてしまうかもしれないので余分に持って行き。
SAのトイレ休憩で確認するとやっぱり怪しい…。
時間もないし、とりあえず目的地の建物まで交換を我慢することに。
到着してちょっと神戸の友達と話をして、旦那さんと2人になったタイミングでトイレに行ったら漏れてる〜
シャーシャー便でなかったので、服などへの被害はなし。
でもオストメイト用のトイレがありそうなところではなく
1つ下の階に行ったら、洋式和式が1つずつと、車イス用が1つあるところが。
車イス用の個室にちっちゃな蛇口もある!
ベットはないけどここで変えるしかない!と思い、立ったままで交換しました
手すりにゴミ袋をくくりつけ、ゴミをポイポイ入れれるようにし、ちょっと物が置けるスペースがあったので一式並べ。
ちょうど排便がおさまっているタイミングだったので、立ったままでも交換できました
初めて家以外で交換しました
焦った〜

以前ストマだった時は1度も漏れたことがなかったので、オストメイトトイレに入ったことがなく必要性がイマイチ実感できていませんでした。
でも今回のストマは何度も漏れているので、オストメイトトイレの大切さがすご〜〜〜くよくわかりました。
ただ時間のかかる交換中に車イスの方が来たら…と思うとヒヤヒヤしながらの交換でした。

| | コメント (2)

入院④

月曜日に入院して金曜日に大腸内視鏡を内科時代から診てくれているA先生にしてもらったんですが、A先生会うなり『こんな時ぐらいしか会えなくてすみません』って。
調子がいい時は先生に会えないのが普通なのに〜
内視鏡してる時も、私がなにもしゃべらないと何度も『大丈夫ですか?』って聞いてくれるし。
痛くなかったから黙ってただけなんだけど(笑)
痛いとすぐウーウー言っちゃう
外科のK先生も一緒に画像をみてくれました。
内視鏡の時はいつもK先生もいてくれます
私を担当してくれている先生方は、話しやすい先生ばかりで恵まれてるなぁ〜って思います。

1番最初の手術、大腸亜全摘から関わっている先生がもう1人いまも同じ病院にいて、そのK井先生もステキな先生です。
最初はなんだか怖そうな先生かなぁって思ってたけど(笑)
見た目が厳しそう
でも入院中はよく、こちらが安心するような言葉をかけてくれます。
毎朝の回診で、この先生はちょっと…って思う先生もいるので、本当に恵まれてるなぁ〜

| | コメント (2)

ストマ外来

今日は午前中にストマ外来に行ってきました。
ストマとお腹の境のとこが、ぷっくり膨らんできて血もでていたので、それを診てもらうために。
単なる肌荒れで膨らんだのとは違う気がしたので。
やっぱり肌荒れではなく、とりあえず写真を撮って、今日診てもらった看護師さんの師匠Mさん(以前ストマ外来を担当していましたが、いまは緩和ケア病棟の看護師長をしています)と、外科のK先生に診てもらうことに。

次回Mさんも来れる27日に予約を入れ。
もし写真をみてもらって急いで処置をしないといけないようなら電話するね〜って言ってくれました。

処置としては外科で焼いてもらうそうです。
あまりにもこのぷっくりのせいで漏れが頻繁に起こるようなら処置をしなきゃいけないけど、そうでなければしばらく様子見みたいです。
そうかぁ〜。火曜日の漏れはそれが原因だったのかも。
たしかにぷっくりの位置らへんから漏れが始まってるような跡があったし。
あとストマの右下らへんに、姿勢によってちょっとくぼみができるので、ここも漏れやすい場所かもと言われました。
そこはイーキンを厚目につけることに。
そういえばパート先で2回漏れたけど、右下からだったような…

今日からパートに復帰したんですが、漏れないかとヒヤヒヤしながら仕事してました
前回ストマだった時は、1回も漏れたことなかったのになぁ〜

| | コメント (0)

入院③

今回入院時の主治医はA先生でした。
手術をしてくれ、ず〜っと主治医をしているK先生は院長になったので、K先生主治医での入院ができなくなったそうです。
だからK先生がメインだけどA先生もついてくれることに。
まだ若い先生です。
でもあまり不安に感じない先生でした。
看護師さんに聞いたら、1〜2月に入院したときA先生は、もうこの病院にいたそうですが全然知らなかった〜
とても勉強熱心?病院が好き?で、遅くまで病院いるそうです。
そんなんだから彼女に振られたらしい〜

入院して点滴をすれば頭がフラフラする感じのが取れるかと思ったけどなかなかよくならず、どうしてかなぁ〜って不思議に思ってたのを、元気になってきた頃にA先生に聞いてみたら、
『お腹の痛いのが痛みとしてあらわれるのでなく、ふらつきに出てきたんだと思いますよ。』って。
なるほど!だから腸液吸ってもらったら、ふらつきも治まったんだ
以前、回腸嚢炎になった時程、お腹が痛く感じなかったし
謎がとけスッとしました

| | コメント (2)

より以前の記事一覧